捻挫とは?

一般病理学によると

 

関節に無理な力がかかったりし、関節の周囲の靱帯や軟骨が傷つき、腫れや痛みが発生します。

これが 捻挫 です。

捻挫しやすいのは、足首、手首、ひじ、膝、指などです。

 

足関節の外くるぶしに、骨と骨をつないで関節がぐらつかないようにしている靱帯と言う丈夫な線維組織があります。

足をくじいて靱帯が切れてしまうことを靱帯損傷と呼んでいます。

高いところから落ちたりしたときにも手首や足首に捻挫が起きます。

 

捻挫は早い段階で適切な処置をしないと慢性化をし、くせになり何度も繰り返しますので注意が必要です。

素人判断はせず、軽い捻挫でも病院の判断を得たほうが良いでしょう。

 

捻挫 も軽い方と重い方がおり、重い人は腫れもひどく関節が動きませんし生活にも困り会社や学校にも行けません。

なるべく速い処置を心がけてください。

 

Painless Therapyでは

 

痛みの原因としては、筋肉異常緊張と関節のズレが考えられます。

まず筋肉の緊張を取り除き、動かす時におこる関節のズレを修正することで痛みをとり、早期回復を実現します。

 

 

捻挫後遺症とは?

 

一般病理学によると

 

後遺症とは「急性期症状が治癒した後も、機能障害などの症状が残ること」とあります。

捻挫治癒後、可動範囲の狭窄、違和感、チクッとした痛み、シクシクした痛み、ズーンとした張ったような痛み、ある方向に曲げた時だけ出る痛みなどがある場合、捻挫の後遺症の可能性があります。

 

Painless Therapyでは

 

それらの症状による緊張を取ったり、骨位置の修正などをすることによって可動範囲の狭窄、違和感、痛み等の捻挫後遺症の短期回復を実現しております。