腰痛・ぎっくり腰とは?

腰痛

 

一般病理学によると

 

腰および腰周辺の痛みの総称。

一般に良く知られているのは、『ぎっくり腰』や『椎間板ヘルニア』、『脊柱管狭窄症』など。

 

腰の痛みの原因もやはり多岐に渡ります。

疲労による筋肉の緊張や、椎間板という背骨のクッション材の役割を持つ軟骨に問題が起こることで痛みが出ます。

また、背骨の捻じれの影響で脊髄神経に神経圧迫が起こり痛みを出すケースもあります。

 

一番の問題は椎間板に潰れや飛び出し(ヘルニア)があって神経圧迫が起こり痛みを出しているケースですが、通常これは、器質的疾患(そのもの自体が壊れている状態)とされ、本質的な回復は難しいとされてきました。

 

Painless Therapy Saeでは

 

原因となっている筋肉の緊張の解消、そして脊柱の歪み・捻れの修正により改善させていきます。

ヘルニアや脊柱管狭窄症など、椎間板が潰れてしまっている症状も、施術を繰り返すことにより次第に椎間板が弾力を取り戻し、手術なしの回復を目指します。 

 

 

 

ぎっくり腰

 

一般病理学によると

 

重い物を持った時や、身体を急に捻った時などに起こる急性の腰痛の通称で、正式には「急性腰痛症」とされていて、筋肉・筋膜・靭帯等の損傷や、腰椎の捻挫などが上げられます。

 

要因としては、筋肉、関節への急激な負荷、過度の筋肉疲労や全身の疲れなどが考えられると言われています。

また、長時間の同じ姿勢や無理な体勢なども原因と言われています。

 

朝起きて急に動いたり、中腰で荷物を持とうとしたり、咳やくしゃみなどをした時などに腰に激痛が走り、症状がひどい場合は、そのまま動けなくなることもあるようです。

 

対策としては、急な動作をしない、日頃の姿勢に注意する、疲れを溜めないなどが上げられます。

 

また、座っている時間が長いと(デスクワーク、車の運転など)、起こりやすいと言われているので、時々立ち上がって体を動かしたり、歩くことで腰の負担が軽くなると考えられています。

 

安静にしていれば3週間から3ヶ月程度で、自然治癒力により治るのがほとんどで、安静+湿布と行った物が一般的とされています。

 

痛みの激しい場合はブロック注射も行われるそうです。

 

Painless Therapy Saeでは

 

ぎっくり腰は、腰背部、骨盤周辺の筋肉の異常緊張が原因と考えています。

緊張し固くなった筋肉を、急に動かしたりする時に、強い痛みでそのまま動けなくなったりします。

 

より優しい施術によって、筋肉の異常緊張を取り去る事で痛みや背中の歪みを早期に解消し、関節が正しく可動するようになり、楽に動けるようになります。

また、施術を重ねることにより、身体がリラックスし緊張状態を手放すことで、緊張の解消と共に、疲れが溜まりづらい状態になっていきます。