一般病理学によると

 

誰もが経験する辛い頭の痛み。

おそらく頭痛を経験したことがない人はいないでしょう。

 

頭痛に襲われたとき、まず必要なのは、脳腫瘍や怪我による血管破裂などの深刻な問題により頭痛を起こす場合を考えることです。

急激な頭痛や吐き気を伴うもの、めまいを伴う場合には、必ず病院で精密検査を受けましょう。

 

それ以外の場合、慢性的な頭痛、偏頭痛、疲労時の頭痛、何年も継続的(または断続的)に頭痛がある等、病院で明確な原因が見つからない場合は、頚椎の歪みやねじれ、首周りの筋肉の異常な緊張が頭痛に関係しています。

 

Painless therapy Saeでは

 

明確な原因が見つからず薬でごまかしているとか、頚椎が悪いことは分かっているけれどどうすれば良くなるかが分からない、といった多くの方の痛みを解消してきました。

そういった方の頭痛の多くは、頚椎の歪みや首・肩の筋肉の異常緊張によるものでした。

 

首や肩の筋肉が異常に緊張すると、その部分で血流が悪くなります。

首や肩は頭部に繋がる通路でもあるので、その部分で血流障害が起こると頭に行く血液量が不足し、酸欠と貧血の状態が起こります。

酸欠と貧血を知らせる警報として結果的に頭痛が起こるわけです。

 

頚椎の歪みやねじれ、筋肉の異常緊張を解消することで多くの問題は解決されます。

 

“論より証拠”どこに行っても良くならないとお悩みなら、お問い合わせください。