痛むところを「さする」ことで、傷ついた細胞の修復が促される・・・。

そんな研究結果が群馬大学から発表されました

 

 

3月31日付の産経新聞によると、研究を行ったのは群馬大学講師・柴崎貢志氏らのグループ。

 

柴崎氏らは、神経細胞中のたんぱく質TRPV2に着目して研究を開始した。

 

TRPV2は、熱を受けると反応して突起を伸ばす働きを持つことが知られている。

 

同グループは、TRPV2が熱だけでなく、「さする」といった物理的刺激反応するのではないかと推察

 

その結果、TRPV2が熱を受けたのと同様に反応し、突起を伸ばし神経修復を促進していることが確認された。

 

今回の研究は、IPS細胞やES細胞などを用いた再生医療への貢献が期待されている。

 

http://www.nips.ac.jp/contents/release/entry/2010/03/post-117.html

 

「医道の日本誌」より 

 

 

 

*コメント*

私達は、「さする」よりも「撫でる」ことで脳が安心して症状が改善することを多く経験しております。

皆さんも、是非このとてつもなくシンプルですが、格段の効果を発揮する方法で改善する方法をご自分で試して

味わってみて下さい。

 

この「撫でる」には、ちょっとしたコツがあります。

是非当院へお越し下さい。